戻る

NikeがUEFNで「エアフォリア」を制作した方法を詳しく見てみましょう

フォートナイトチーム

昨年、NikeはBeyond CreativeとEpic Innovation Labとの協力で、Unreal Editor for Fortnite(UEFN)を使用してNikeの没入型の世界が広がる体験を制作しました。そのような取り組みをいち早く行ったパートナーのひとつです。

Nikeは、没入感抜群のバーチャルスニーカーハントである「Airphoria」でアンダーグラウンドのナイトクラブから超現実的なビーチへとプレイヤーをいざない、道中でNike Air Maxの聖杯を探し求める旅でプレイヤーを驚かせました。

Nikeのスニーカーをテーマにした島は、UEFNで実現可能なことを示してくれる傑作であり、高品質のムービーや雰囲気のある照明から、夢中になれるゲームプレイや魅惑的なビジュアルまで、あらゆるものを見せつけてくれました。

フォートナイト Nikeの「Airphoria」 インライン

「Airphoria」の一部の要素を作成するために使用されたプロセスを明らかにする、5つの短いチュートリアルを作成しました。以下よりチェックしてみましょう!

Nike X Airphoria 雲の作成チュートリアル

雲は、「Airphoria」のビジュアルと雰囲気作りに大きく貢献しました。このチュートリアルでは、チームがどのようにして都市の周辺の息を呑むような雲海を作成したのかを見ていきます。

全てのデバイスにて満足のいくフレームレートを維持し、見た目にも美しい雲の環境をどのようにデザインしたのかを学びましょう。照明が日中から日没に変化する際に、どのようにスムーズな移行を実現したか、そしてNiagara VFX を使用して雲をリアルに見せる方法についても説明しています。


Nike X Airphoria ムービーの作成チュートリアル

「Airphoria」には、体験のトーンを決定づける、楽しいオープニングムービーがありました。この動画では、チームがブロック収録、カメラの振り付け、キャラクターアニメーションにUEFNをどのように使用したかを説明しています。


Nike X Airphoria 雷の最適化チュートリアル

「Airphoria」の環境は、雰囲気のあるネオン輝くナイトクラブから、太陽が降り注ぐ至福のビーチまで、あらゆるものに及びました。

チームがゲーム内の様々な環境のライティングをどのように実現したかをチェックし、複数のプラットフォームでビジュアル的に魅力的な体験を実現するために使用したツールを確認しましょう。


Nike X Airphoria ゲームデザインチュートリアル

ブッシュネルの法則によれば、ゲームは学ぶのは簡単で、マスターするのは難しいものでなければなりません。このミニ チュートリアルでは、チームがAirphoriaのゲームプレイをデザインする際にこの理論をどのように実践したかを見てみましょう。


Nike X Airphoria キャラクターアニメーションチュートリアル

このチュートリアルで、Airphoriaのチームがシーケンサーやコントロール リグなどの Unreal Engineのツールをどのように使用してゲーム内のNPCキャラクターのアニメーションを作成したかを確認しましょう。